*

「STAND BY ME ドラえもん」を観て泣かずにはいられない僕がいた 【映画ログ】

公開日: : 最終更新日:2014/09/13 ブログ, 家族, 映画


スポンサーリンク

 

 

 あたりまえだと思っていたことが、こんなにも大切だったなんて・・・

 

グッと、くるキャッチコピーです。

完全に製作スタッフは泣かしに入ってます。

だって、

脚本は『三丁目の夕日』シリーズ、『永遠の0』などを手がけた山崎貴

監督は『friends もののけ島のナキ』を手がけた八木竜一山崎貴の共同監督なのです。

 

 

STAND BY ME  ドラえもん

”STAND BY ME” って

私のそばにいてほしい」「自分を支えて」という意味ですが、まさしくドラえもんとのび太くんの関係を物語りそしてしずかちゃんと結婚できるかどうかの恋愛映画?になっています。

今回は、藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品と言うこともあり、ドラえもんの映画は基本「春」に公開されますが、今回の映画は「夏」公開のスペシャル版です。

しかもアニメーションではなく、CG仕様なので期待値高まります。

わー観たい・・・と言うことで家族で映画館へ行ってきました。

 

 

 予告篇3

予告篇も3パターンぐらいあるのですが、僕が一番好きな予告篇はこれです。

 

 

 

何かを得た、そして、何かを失った

 

 

 そしてこれから大人になる君たちへ

 CGが以外と観やすくリアルさアップ

 

いつも観るドラえもんはアニメーションの描写ですが、今回の映画はCG、もしくは3Dで作成されているので非常に観やすくリアルです。

僕がやっぱアニメと違うなと思ったのが、ドラえもんの動きが案外可愛く、のび太くんのメガネをかけているという立体感を始め、しずかちゃんの色気(笑)、ジャイアンの上履きとか、スネ夫の髪型の特徴が上手にCGで表現されてました。

 

 声優さんの声色がCGの方がよりぴったり

 

何となくだけど、アニメーションの時よりCGの方がしっくり聞こえます。

なぜかはわかりせん(苦笑)

 

 

 未来の道具が素晴らしい

タイムマシン、 タケコプター、 どこでもドア、アンキパン、透明マント、タイムふろしき、アパートごっこの木、ガリバートンネル、雲かためガス、ガッチリグローブ、ハッスルねじ、着せかえカメラ、刷り込みたまご、ストレートホール、とりよせバッグ、通りぬけフープ、ムシスカン、タイムテレビ、正直電波、ウソ800が使用されて、アニメーションとは全く違うリアルさが感じられます。

特に僕が子どもの時、好きだった道具、「タイムマシン」や「タケコプター」、 「どこでもドア」、「雲かためガス」なんかは、僕が子どもの頃欲しいと思った道具たちです。

タイムマシンはよりメカっぽさが出てたし、タケコプターで飛ぶのもスピード感が感じられたし、まるで道具が本当に存在するんじゃないかって思うぐらい、いやうちの子達はきっと思ってるはず。

そのうち、どこでもドア買って!とか言うんじゃないかな♪( ´▽`)

 

 

 

のび太部屋の違和感

これは、気づいてる方も結構多いと思いますが、

のび太くんの部屋の間取りが変わっています。まず、部屋の入口の扉が引き戸からドアへ。そして入口の位置も変わっています。

間取りも窓の位置とか勉強机や本棚の位置が大山のぶ代時代と違うんです。

大山のぶ代時代のドラえもんがベースになってる僕は違和感満載なわけです。まぁすぐ慣れますけどね(笑)

その辺も注視してみると面白いかも。

 

 

 まとめ

涙無しではみれません

 

ストーリーは今まで放送されたものがCGでリメイクされていますが、

原作第1話の「未来の国からはるばると」から始まり、

しずかちゃんへのプロポーズから結婚までを描く「雪山のロマンス」と「のび太の結婚前夜」、

ドラえもんとの別れと再会を描く「さようならドラえもん」と「帰ってきたドラえもん」、

その他一般放送の「たまごの中のしずちゃん」「しずちゃんさようなら」の原作7ストーリーをCGでリメイクし、

ドラえもんとのび太の出会いから別れ、のび太としずかちゃんとのラブストーリーが描かれています、

なので新鮮感は若干薄らぎますが、その分ドラえもん、のび太くんを生身の人間を見るような感覚に、陥るのはきっと僕だけじゃないと思います。

やはり見せ場は、のび太を幸せにするという任務を完了したドラえもんが22世紀の未来へ帰ることになるのだけど、のび太くんを心配するドラえもんに安心して未来に帰ってもらうため、ケンカを吹っかけてくるジャイアンにも果敢に立ち向うのび太くんのメンタル面の成長が、今の自分の子どもたちと重なり、お父さんとしては、何度も目頭が熱くなりそして映画で初めて涙しました。

そしてしずかちゃんのお父さんは人として大切なものをのび太くんは持っている事を娘しずかちゃんへ伝えるシーンがより感動を呼びます。

やはりこれは、アニメや実写では表現できないCGならではの「味」があったと思います。

ちなみに子どもたちはドラ泣きでした(笑)

 

個人的には、もう1本作って欲しいなと思います。

春の長編みたいな「ドラえもんのび太の・・・冒険」みたいな企画もの観てみたいなー。

 

 

9/5現在でなんと、

累計興収は公開28日目に60億円を突破し、2014年公開作としては邦画第1位となった。興行成績は公開から5週連続で第1位である

(引用元 ウキィペディア)

 

 

 

すべての、こども経験者のみなさんへ・・・

 

 

 

ぜひ、ご覧下さい。オススメです。

 

主題歌 歌 – 秦基博

「ひまわりの約束」作詞・作曲 – 秦基博 / 編曲 – 秦基博・皆川真人

 

 

お気に入りエントリー:

当blogを読んで下さってありがとうございます。
もし気に入っていただければRSSリーダーに登録して下さるとブロガー冥利に尽きます。ツイッターフォローも大歓迎です!
↓↓↓↓↓

RSSリーダーで購読する

follow us in feedly

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

Comments

comments

スポンサードリンクgad:336×280-レクタングル(大)


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

2013年08月31日08時10分24秒_0001

夏休み!こども館宇宙劇場へ行ってきた@藤沢市湘南台

  最近、地産地消という言葉が好きなしのぶん(@shinobun_m9)です

記事を読む

16170721413_8ddda68fbf_z

「1万円起業」を読んで、私は果たして起業できるのか【読書ログ】

         

記事を読む

畑秋空

忙しいとは心を忘れることなのだろうか。仕事も家庭も大忙しな月末@湘南ジョギング走記(11/24-11/30)

  街並みはすっかりXmasモード一色です。 有楽町や丸の内はイルミネーション

記事を読む

プログラム

109シネマズ湘南で観た映画「ルパン三世VS名探偵コナン」は大人も楽しめる映画だったし、109シネマズの鑑賞空間はいつ行っても素晴らしいサードプレイスだった。【映画ログ】

  2013年の仕事納めは1年間の労をねぎらうため長男と一緒に映画を観に行く

記事を読む

LEGO シティードクター

実は・・・私、人生初めて入院して手術することなりました・・・

  このたび、私の不注意による事故により、本日より入院することになりました。

記事を読む

砂時計

銀座エバンスで僕の相棒、ロレックスを定期検診という名のOH(オーバーホール)で疲れを癒やし、そして蘇らせる。

      4年振りに僕の腕時計をOH(オーバーホール

記事を読む

no image

【麺’z】超ごってり麺ごっつへ行ってきたよ!ごっつはものごっつすごいラーメンだった!

お店 JR亀戸駅徒歩5分程度の所にお店はあります。 北口を出たら、明治通りを南に

記事を読む

ハッピーエンド

トレンドマイクロ社から送られてきた4つのいい話。

先日、アンチウイルスソフトで有名なトレンドマイクロ社より購入者への定期的なメールが来た。 いつもこ

記事を読む

IMG_1717

僕の右手を優しく包み込むマウスパッドは医療機関との共同開発なのだ@エレコムFITTIO(フォッティオ)

  ブログ書いたりするし、お仕事するときは基本PCでの作業が多いので、より作業環境を

記事を読む

江の島カレンダー

1週間の始まりは、はたして日曜が先か?それとも月曜が先か?

スケジュール管理しているうえでよく気になるのが、日曜日が週の始めか、それとも月曜が週の始めか?よく気

記事を読む

スポンサードリンクgad:336×280-レクタングル(大)


スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンクgad:336×280-レクタングル(大)


スポンサーリンク
  • ども、 しのぶんです。 仕事×家庭×自分の絶妙なバランスを保てるように生きるイクメンです。 最近はKindle持って散歩するのが楽しくて仕方ありません。デジタルガジェットや 家族とペットのトイプードル、第二の郷土湘南をこよなく愛し、ライフログを活用したブロガー目指して日々研鑽しています。
    follow us in feedly
  • 2017年12月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑